カリウムの摂取はどんな方法がおすすめ?

血圧上昇の原因となる塩(ナトリウム)の働きを抑える効果があるのがカリウムです。高血圧は心臓病や脳卒中などのリスクが高まりますので、高血圧の方はカリウムを多く摂取することが勧められています。また、むくみ解消効果もあります。では、どのような方法で摂取すると良いのでしょうか。

基本は食事から摂取することです。カリウムが多い食材は、野菜や果物、豆類等です。代表的なものをあげると、パセリやモロヘイヤ、大豆、納豆、昆布、わかめ、アボガドなどに多く含まれています。毎日、野菜や豆類をしっかり食べれば、必要量を摂取することができるので特に心配する必要はありません。

ただ、夏場の大量に汗をかくシーズンなどには、汗と一緒にカリウムが流れてしまいますので、そのような場合に心配になってくるのは低カリウム血症です。これは夏ばてなどの原因と言われています。また利尿作用があるカフェインなどを多量に摂取した場合も尿と一緒に排出されてしまうので注意しましょう。

ちなみに一日に必要なカリウムな量は、成人男子目安量は2000mg、成人女子目安量が1600mgです。ただし、WHOなどでは3000mg以上を奨励しています。日本人は塩分摂取量が多いので、やはりカリウムも多く取ることが大切です。特に夏場に食事だけでは不足ぎみになりがちな方は、サプリから摂取するのも良いでしょう。また高血圧やむくみが気になる方もサプリがおすすめです。様々なサプリが販売されていますが、自然素材で安全性が高く、長く続けていくことができるものを選ぶと良いでしょう。

Filed under: Uncategorized — huji 12:13 pm  Comments (0)